もちろんレビトラには副作用があります

目の充血が気になる男性

レビトラはED治療薬として主成分にバルデナフィルを配合していて、このバルデナフィルは勃起するために陰茎の海綿体にある毛細血管への血流を悪くするPDE5という物質を阻害する役目があり、この働きによって勃起を完全な状態にする手助けを行っています。
しかし飲んで体内にその成分が吸収されることで効果を発揮する薬なので、どうしても高い確率で副作用が起きてしまいます。
ただし重症化するほどの強い副作用は出ておらず、薬の副作用としては比較的軽いものが報告されているだけです。

副作用として特に多いのは顔のほてりや目の充血です。
これはEDの治療薬では多くの薬で同じような症状が出ていて、EDを治療するために悪くなった血行を改善し、血管を一時的に拡張して血行不良を良くしている効能からきています。
他にはEDの治療といっても全身の血管にその効果が行き届くので、頭部の血管も拡張されるために起きる頭痛や火照りとなったり、心臓に少なからず負担をかけるので動悸が発生したり、鼻の粘膜付近にある血管が充血されて鼻づまりが起きることも有ります。

これらはED治療薬だけでなく、血管を拡張する働きのある薬には多かれ少なかれ生じる現象であり、このような状態になったとしても時間の経過と共に軽減していくというのが通常となっています。
ED治療薬は服用してからの薬の効果が継続する時間というのが限られているので、このED治療薬としての効果が無くなっていくと同時に副作用も治っていくので、深く心配する必要は殆どありません。
また人間には個人差というのがあるため、レビトラを服用すると消化器系の器官に影響する場合もあります。
消化器系での副作用としては、消化不良や下痢になることもあります。

また背中に痛みがでるといった症状も起こったり、光に対して過敏になったりします。
このような症状になっても4~5時間程度で殆どが改善していくのですが、場合によってはこれよりも長時間症状が続く可能性もあります。
もしも通常よりも長い時間このような症状が起きるのであれば医師に相談してみて、何が原因なのか診てもらって下さい。
もしかするとレビトラそのものが体質的に合っていない可能性もあるので、その場合はレビトラの服用を中止したり、他のED治療薬に変更するといった処置を行って下さい。
今までなかったとしても、どこで新たな副作用が出るのか分からないので、薬を服用した後で何か普段とは違う状態になったら、それが軽かったとしても副作用を疑ってみて下さい。

レビトラ服用後に頭痛がするなら頭痛薬を飲んでも良い

レビトラは血行不良を改善してEDを治療する効果を持っているのですが、この血行不良を改善するために血管を一時的に拡張してしまいます。
この血管の拡張は男性器の周辺だけに起きるのではなく、体の全体で発生するために副作用の原因にもなっています。
この副作用として特に多く発症しているのは頭部であり、頭の血管が拡張されて血流量が増加してしまうので、頭痛や顔の火照りといった現象は起きやすくなっています。

また心臓の血流量も増加するので動悸を起こしたり、鼻の粘膜付近の血管が充血されるので鼻づまりを起こしたりもします。
そこで頭痛を解消するために頭痛薬も同時に服用したいところですが、レビトラを服用しているのに頭痛薬まで同時に服用できるものなのでしょうか。
答えから言うと、市販の頭痛薬を同時に服用しても問題はありません。
ただし頭痛薬といっても市販されているような軽度のものなら問題ないのであり、高度な効果のある頭痛薬を服用すると何かしらの問題が発生する可能性も否めません。
それはレビトラには同時に服用することを禁止されている薬があるからです。
その殆どは血行や血圧に関係する薬であり、これらの薬によって血管に影響が既に出ているのに更にレビトラを服用すると、必要以上に血液が流れるために血圧の急激な低下を招く恐れがあります。

そして他の性病関係の治療薬と服用することも禁止されています。
その代表としてHIV治療薬である抗ウィルス薬や内服するタイプの抗真菌薬です。
また心臓に疾患を抱えていたり、血圧に関する持病を持っている人も服用はできません。
一般に市販されている頭痛薬は医薬品としての成分が含まれていないので、同時に服用をしても特に影響はありませんが、医療機関を受診して処方してもらった薬には医薬品としての成分が含まれています。

今はどんな成分が含まれているのか説明する義務があるので、自分の飲む薬にどんな成分が含まれているのか分かるようになっています。
しかし配合している成分が分かったとしても、それによってどんな作用が及ぶのかまでは理解できないでしょう。
そのためレビトラを服用して頭痛を発症したのであれば、病院で処方される医薬品としての頭痛薬は使用せず、ドラッグストアで売られているような市販薬としての頭痛薬だけを服用するようにして下さい。
もし医薬品としての頭痛薬を使いたいのであれば、自分がレビトラを服用していることを医療機関関係者に伝え、同時に服用しても差し支えないのか確認してから服用するようにして下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る