インドのレビトラジェネリックは製造中止になりました

レビトラはドイツの製薬会社によって世界で2番目に開発されたED治療薬です。
即効性があり空腹時に摂取すれば20分ほどでペニスが勃起し始めます。
短時間でペニスを勃起させる強い効果を求める場合には最適なED治療薬です。
2003年にドイツの製薬会社から発売され、2004年には日本でも正式に認可されました。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。病院でED治療を行なう場合には、主に10mgか20mgの錠剤が使用されます。

レビトラの持続時間は10mgが約5時間で20mgは約10時間です。
病院で処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20gは約1800円とされます。
ED治療は自由診療なので、病院によって価格に違いがあります。
また薬代の他に診察料などが必要です。レビトラにはインド製のジェネリック医薬品が存在します。
インド製のジェネリック医薬品は20mgの錠剤が1錠あたり約200円で販売されており、ED治療のコストを大幅に下げることが出来ます。

レビトラは世界的に人気があるED治療薬なので、様々なジェネリック医薬品が存在します。
ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社によって製造されたものです。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
一般的な国々では製法特許も成分特許も認められており、自由にジェネリック医薬品を製造することは不可能です。
しかしインドでは製法を変更すれば同じ成分のジェネリック医薬品を製造出来ます。

インド製のジェネリック医薬品は開発や製造にコストがかからないため非常に安価です。
ただし今後インドで製造されたレビトラのジェネリック医薬品は販売中止になると考えられています。
レビトラを開発したドイツの製薬会社が、インドでジェネリック医薬品の製造中止と販売中止を求めて訴訟を起こしました。
2017年1月にはインドの裁判所によって、ジェネリック医薬品の製造中止が決定されています。
一方販売は中止されていないので、しばらくは在庫品の輸出が続く見込みです。

インドの裁判所が製造中止を決定したことが理由となり、将来的にはレビトラのジェネリック医薬品が販売中止になると考えられています。
現在はまだ在庫品が残っているので、販売が継続中です。
日本からも個人輸入してED治療を行っている人が多数存在します。
インド製のジェネリック医薬品は非常に安価なため、コストを大幅に抑えてED治療が出来ます。

レビトラは先発医薬品しか入手出来なくなります

将来的にはレビトラのジェネリック医薬品が販売中止となり、先発医薬品しか購入出来なくなると考えられています。
ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社で製造されていましたが、インドの裁判所が製造中止を決定したことが理由です。
レビトラを開発したドイツの製薬会社が起こした訴訟は、ジェネリック医薬品の製造中止と販売中止を求めたものでした。
しかし実際に認められたのは製造中止だけです。販売中止は認められなかったため、現在でも在庫品の輸出が続いています。

レビトラのインド製ジェネリック医薬品には様々な種類があります。
価格が安いだけでなく、インドの製薬会社がインド政府から許可を得て製造しており安全性も優れています。
少ないコストで安全にED治療が出来るため、世界的に人気があります。日本にも個人輸入してED治療を行なう人が多数存在します。
インド製ジェネリック医薬品は日本国内で未承認なため、輸入と販売が禁止されています。しかし個人的に輸入して使用するのは合法です。

インターネット上では海外からの医薬品の個人輸入手続を代行するサイトが多数存在します。
医薬品を直接的に輸入・販売するのではなく、個人輸入手続の代行なので合法です。
個人輸入の手続は複雑ですが、代行を依頼すれば誰でも簡単にインド製ジェネリック医薬品を入手出来ます。
ただしレビトラのジェネリック医薬品は、今後在庫がなくなり次第販売が終了します。
ジェネリック医薬品の販売終了後は、基本的に先発医薬品を使用することになります。

日本国内では3種類のED治療薬が認められています。
インドで製造されたレビトラのジェネリック医薬品は、在庫品がなくなり次第販売が終了する予定です。
しかし他のED治療薬のジェネリック医薬品であれば安価に購入出来ます。
レビトラのジェネリック医薬品が販売中止となった場合には、先発医薬品を利用するか他のED治療薬やそのジェネリック医薬品を使用する必要があります。
レビトラでED治療を継続したい場合には、病院で処方を受けるか海外から個人輸入します。

病院でレビトラの処方を受ける場合の1錠あたりの価格は10mgが約1500円で、20mgが約1800円と高価です。
海外からレビトラを個人輸入する場合は、10mgも20mgも約1400円で購入出来ます。
個人輸入する場合は病院で処方を受ける場合と異なり診察料などが不要です。
病院で処方を受ける場合には、診察料などを含めると1錠あたりの価格が3000円を超えることがあります。
ジェネリック医薬品が販売中止となった後で、レビトラを使用してED治療を行いたい場合には海外から個人輸入すると経済的です。
レビトラのジェネリックはこちらで購入することがまだ可能となっていますので、在庫が無くなってしまう前に必要な分購入しておくと良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る